インフルエンザと仕事

インフルエンザ解熱後の出勤はいつからOK?

感染力の非常に強いインフルエンザは

集団感染を防ぐため国の規定により、

出席や出勤の停止期間が決められているのはご存知ですか?

ポイントは、「発症した後5日を経過し,かつ,解熱した後2日を経過するまで」
ですね。

解熱後2日というのは、解熱したその日はカウントしません。

解熱した次の日からまる2日休んでから
出勤が可能となります。

また会社によっては発症から1週間は必ず出勤停止
などを定めているケースもあります。

最近ではタミフルなどのおかげで
発熱が1日だけなど、すぐに解熱するケースも多いですね。

その場合でも、発症後5日は自宅待機となります。

もう元気だし、これ以上迷惑かけられない。。
大事なプロジェクトの進行が心配・・・

など、熱が下がった後は体力も徐々に回復し
早く出勤したい、とはやる気持ちもわかりますが、

解熱後すぐは、まだインフルエンザの感染の可能性があるので

もし上司や会社の方から『早く』と言われても、
『ドクターストップなので』ときちんと伝え、

他の方に移してしまわないよう
必ずこの期間は守ってくださいね。
インフルエンザ解熱後、咳が続く場合は?

熱は下がったけれど、咳が止まらない、

という場合

まだ感染力はあるのだろうか?

出勤してもいいものか。。。

という疑問がありますよね。

咳が続く場合、

まだインフルエンザが完全に完治していないか

インフルエンザによって体力が低下し、
続いて他の風邪などに感染している可能性があります。

上記の引用にあるように、

症状によっては医師の診断によるものとなりますので、

咳が続くようなら再受診をおすすめします。
まとめ

インフルエンザに突然かかってしまうと

いきなり仕事を1週間くらい休むことになるし

自分がいなくて大丈夫だろうか・・・

と心配になる気持ちはよくわかります。

でも中途半端にまだ完治していないのに
出勤してしまい、周りに迷惑をかけるのは
避けたいですよね。

この機会にゆっくり休んで

万全の態勢で復帰いてくださいね。
赤ちゃんの性別に関して夫と話していたのですが最近は産み分けの方法が
あって男女の性別を産み分ける夫婦が増えているみたいですね。こちらもおすすめ⇒産み分けゼリー 日本製

  • このエントリーをはてなブックマークに追加