海外旅行をする時の注意点

海外旅行のガラガラの鍵で失敗!?

私の友人が先日アメリカ旅行から帰ってきたのですが
その時に鍵をかけたままガラガラを預けてしまい、

運悪く検査に引っかかったみたいで

ガラガラを受け取ったときには
鍵が壊された状態だったそうなんです。

彼女は初めての海外旅行で
空港で預けるときには鍵をかけない、
というのを知らなかったらしく・・・

私は旅行慣れしていたので
まさか知らないとは思わず
あえて伝えていなかったのですが、

こんなことなら一言いっておいてあげればよかった、

とちょっと後悔。

しかもこのガラガラ、
今回の旅行で初めて買ったのだとか。

ガラガラの鍵部分の破損は
航空会社は免責ですので補償されませんし。

ガラガラの鍵はかけずに預けましょう!

もちろん貴重品や大事なものは
機内持ち込みの手荷物に入れてくださいね。
海外旅行のガラガラのTSAロックは使う?

最近購入したガラガラが
このTSAロック搭載でした。

はじめは何これ?

という感じだったのですが、
調べてみると

空港で鍵を閉めた状態で預けて、
必要であればTSA検査官だけがこの鍵を開けられるようで
壊されずに検査してもらえるらしい。

数年前から始まっていたのだけれど
ずっとTSAなしのガラガラを使っていたので
今回買い替えるまで知りませんでした。

で、この新しいTSAロック付きのガラガラで
ロックをかけてオーストラリアへ旅行してきたのですが

検査に引っかからなかったのか
特に壊されずに済みました。

ただ旅行中に知り合った方の話で、
アメリカ旅行に行ったときに
TSAロック付きの場合でも鍵をかけないように

という呼びかけがあったらしく
TSAでも壊される可能性があるから
かけないのが一番、

といわれました。

特に検査が厳しく、雑っぽいアメリカなら
十分あり得る・・・

最終的には、TSAロックでもかけないのが一番かな、
と思います。

じゃあいつ鍵を使うの???

というと、私はホテルでガラガラを置いて外出するときに
念のため荷物をまとめて鍵をかけています。

海外旅行でガラガラのベルトはするべき?

ガラガラのベルトってするべき?
どんな役割があるの?

という素朴な疑問。

でもこのベルト、結構役に立ちます。

?
【私がガラガラにベルトをする理由】

①ガラガラが衝撃で空いてしまわないように

空港でのガラガラの扱いは
結構粗いです。。

毎回ガラガラには傷がついて戻ってきます。

重いガラガラを効率よく移動させるには
遠心力を使うんでしょうね。

よっぽどバンッと積み上げられない限り
あんなにこすれ跡がつくはずがない。

しかも鍵をかけない状態で
ぱんっぱんのガラガラに衝撃が加わると
簡単に開いてしまいます。

それを避けるためにも、ベルトは重要な役割を果たします。

?

②他のガラガラと見分けるため

ガラガラの色って結構みんな似たり寄ったり。

シルバー・赤・黒などが多いですね。

形もそっくりだし、受け取りの時に他の人が間違えて
自分のガラガラを持っていってしまったら大変です。

そんな時に、ちょっと目立つベルトをしておくだけで
そういった間違いの防止になります。

自分が探すときにもわかりやすい目印になりますね。
まとめ

普段旅行慣れしていないと
いざ準備するときに、わからないことがいっぱいですよね。

今回の友人の体験からも
ガラガラには鍵をかけないのが一番ですね。

大事なものは手荷物に入れて
ガラガラには、最悪盗まれてもいいものばかり
くらいの感じで準備するといいですよ。

実際、ガラガラ自体が手違いで紛失・・・

なんてこともないとも言えません。

なくなって困るものは、手荷物へ!

良い旅になりますように^^続きはこちら⇒メンズ加圧インナーが今オススメです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加